忍者ブログ

Carpe diem

映画覚書用ブログだったはずが最近ラップバトル動画覚書用ブログに

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【BBC】WW1の指導者達によるラップバトル



2014年に第一次世界大戦100周年を迎えてBBCで企画されたショートフィルムの一つ。
第一次大戦の要の人物達がEpic rap battles styleで、口頭で世界大戦の事の起こりを語っていく、という構想で企画されたそうで、ERBの波がイギリスにも届いているようです。(そしてまさかのBBCが制作とは…)
サライェヴォ事件を発端として大戦の口火が切られるわけですが、この動画では各国の重要人物がかなりキャラ立ちしていて(ドイツ皇帝のヴィルヘルム二世がERBのヒトラーと重なる…)、面白いです。
ニコライ二世、ヴィルヘルム二世、ジョージ五世の関係に要注目。
解説はGeniusなどにお世話になりました。適当書いてたらすみません。


PR

【ERB】ゴーストバスターズvsミスバスターズ(怪しい伝説)



先日ERBのシーズン4がフィナーレを迎えました。シーズン5が楽しみです。
ということでシーズン4の封切であるこの動画を振り返ろうという。
ナイス・ピーターが舞台裏の動画で子供の頃ゴーストバスターズになるのが夢だったと言っていたと思うのですが、それ故かいつもより映像やセリフ回しがかなり手の込んだつくりになっているようです。
どうせなのでGeniusを参照しながら、映像中の元ネタのゴーストバスターズのシーンも紹介します。


【イタリア版】ダンテvsガリバルディ【ERB】


ERBから着想を受けてイタリアで制作されたラップバトルです。
イタリアのラップバトル動画の中でも結構、視覚的にもネタ的にもERBの質に
近しいような気がします。ただお国柄なのか下半身ネタを引っ張りすぎと言う…
動画はイタリア語なんですが、英訳と英語のリファレンスが動画内で見れるように
なっています。イタリア語となるともっと心もとないものになりますが、
英訳も参考にしつつ試訳してみました。


【ERB】シェイクスピア vs ドクター・スース



劇作家兼詩人シェイクスピアvs絵本作家ドクター・スースのラップバトル。
相変わらずよくわからない絶妙なチョイスです。実はラップ対決中でもあるように弱強五歩格のシェイクスピアvs三音節のドクター・スースと韻律をめぐる戦いにもなっています。シェイクスピアを演じるのはジョージ・ワトスキー。ポエトリー・スラムという自作の詩の朗読を競うジャンルがあり、その分野で活躍するラッパーです。韻律にもこだわりがあるらしくシェイクスピアを演じたこの動画では弱強五歩格、エドガー・アラン・ポーを演じた方では強弱格のラップを披露していたりします。
このようにたまに出演者自身がライターとしても協力していたりするので面白いですね。
解説はERBHwikiにお世話になりました。


【ERB】ルネサンスの芸術家 vs ニンジャタートルズ



Epic Rap Battles of Historyのseason 3のフィナーレを飾った動画。
なんとニンジャタートルズと彼らの名前の由来であるルネサンスの芸術家たちのラップバトル。
ドナテッロとダ・ヴィンチをRhett&Linkが、ミケランジェロとラファエロをSMOSHが担当しています。どちらも著名なYoutuberですがSMOSHは「ポケモンが現実だったら」のシリーズで日本でも一時期名を馳せたかと。
GeniusERBHwikiにお世話になりました。


        
  • 1
  • 2
  • 3

カレンダー

12 2020/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新コメント

プロフィール

性別:
非公開

ブログ内検索

忍者アナライズ